スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都の風景画と民族雑貨による「ポルトガル展」

同時開催:猫と少女の作品展

会期:10/31(金)〜11/5(水)
11:00→19:00 ※最終日は16:00終了

かつての南蛮人渡来依頼、歴史的に日本と深い縁のある国「ポルトガル」。ケネディ財団に作品が収蔵されるなど、欧米で定評を得ているポルトガル人画家、モレイラ・アギアールの美しい古都「オビドス」を描いた風景画を始め、雄鳥モチーフの民芸雑貨など、ポルトガルの魅力をお届けします。
また、藤田嗣治、フジ子・ヘミングなど、人気作家たちが描いた「猫」や「少女」の作品も展示いたします。

企画:アール・ラモ artrameau@gmail.com
ポルトガル
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。